甲状腺 悩み解消.COM

甲状腺 悩み解消.COMの紹介ページです。


甲状腺機能低下の症状と治療・解消法


甲状腺の機能が低下し、必要量の甲状腺ホルモンが作りきれない為に新陳代謝が低下します。

【全身症状】
「元気がなくなる」、「疲れやすい」、「動作が鈍い」、「脱力感」、「抑鬱」、「寒がり・低体温」、 「発汗低下」、「皮膚乾燥.カサつき」、「黄色皮膚(カロチン血症)」 「体重増加」、「食欲低下」、「むくみ(押してもへこみが残らないことが多い)」、 「白髪が増加」、「脱毛」、「眉の外側1/3が薄い 」 「コレステロール上昇」、「月経不順・過多」、「貧血」、「便秘」など。

【精神症状】
「記憶力低下」、「無気力」、「集中力低下」、「疲れやすい」、「脱力感」、「寒がり」、「痴呆ではないが、一見痴呆と間違われる」など。

【そのほかの症状】
「顔つきが腫れぼったい・ボーっとしたような顔」、「声かれ」、「しわがれ声」、「月経過多」、「筋力低下」、「こむら返り」など。
以上の症状から、「更年期障害」、「うつ病」、「認知症」と間違われることもあるようです。

甲状腺機能低下症を見つけるには、血液中の甲状腺刺激ホルモン(TSH)の測定が簡単で、病気を見逃すことの少ない最もよい方法です。 甲状腺の働きを調べるには、直接甲状腺ホルモン(T3、T4)を測ればよいと考えそうですが、甲状腺ホルモンを測定するよりも甲状腺刺激ホルモン(TSH)を測定した方が、甲状腺の働きの軽度の異常でも見落とすことがなくなります。

もし、TSHの異常が確認された場合は、T3、T4や甲状腺の抗体検査などの他の検査を追加すればよいでしょう。

【治療法は内服療法】
不足している甲状腺のホルモン剤を内服します。 普通1日に1〜2錠を飲みますが、ホルモンのバランスを見ながら薬を加減していきます。

薬は数カ月から数年の間だけ飲んだら後はいらなくなる人もまれにありますが、多くの場合は一生薬を続けなければなりません。
薬を飲むことは目が悪い人が眼鏡をかけるのと似ています。 眼鏡がないと色々と不都合がでますが、眼鏡さえかけていれば何も問題はありません。

ホルモンのバランスがとれればあとは、3ヶ月から半年おきの血液検査で十分です。 飲み忘れなどが無いように継続してください。



詳しくは今すぐこちらをクリック

●甲状腺機能低下の症状と治療・解消法●

▲ ページトップ

甲状腺の病気橋本病バセドウ病無料メール講座悩み解消・喜びの声
サイトマップ個 人情報保護方針リンク情報お問い合わせ

リンクについて

甲状腺 悩み解消.COM 原因や改善対策・解消法へのリンクはご自由にどうぞ。

相互リンク随時募集中

お悩み解消・無料メルマガ

甲状腺の病気を解消する
無料メール講座
たった1日5分で
薬に頼らない具体的な
解消法を公開!

詳しくはこちら

症状メニュー

メイン メニュー

相互リンク募集中

お問い合わせ

世界WEB標準の証明

Valid XHTML 1.0 Transitional
Valid CSS!

当サイトは、W3C勧告に従った正しい文書構成で制作されて いることが証明され、 上記バナーの使用許可を得ています。