甲状腺 悩み解消.COM

甲状腺 悩み解消.COMの紹介ページです。


甲状腺ホルモンとは?


ホルモンを分泌する器官を、内分泌腺と言います。
内分泌腺 『甲状腺』から分泌されるホルモンを『甲状腺ホルモン=チロキシン』といいます。 その甲状腺は、T3とT4という甲状腺ホルモンを分泌しています。

働きは、物質代謝の促進を行います。(両生類では変態の促進)

甲状腺は、脳の下垂体から出るTSH(甲状腺刺激ホルモン)を、TSH受容体でキャッチして、仕事をします。 血中の甲状腺ホルモンが少ないときは、脳はTSHを多く分泌し、甲状腺ホルモンが多いときはTSHを少なくして、甲状腺ホルモンの分泌量をコントロールします。
甲状腺はTSHの量に応じて、甲状腺ホルモンを分泌するのです。

甲状腺ホルモンが過剰になりますと甲状腺機能亢進症 『バセドウ病』になり、 欠乏しますと甲状腺機能低下症 『クレチン病・粘液水腫』『橋本病』になります。
内分泌腺 『副甲状腺』から分泌されるホルモンを『副甲状腺ホルモン=パラトルモン』といいます。
働きは、骨に作用し、Ca2+ の血液中への放出促進を行います。腎臓に作用し、P3+ の排出増加なども行います。欠乏しますと『テタニー病』になります。

【その他のホルモンについて】
人間の体の中には、約6ヶ所の特定の内分泌腺から約17種類のさまざまなホルモンが血液中に分泌され、それぞれ別の組織や器官の働きを調節しています。
ホルモンの量は、多すぎても少なすぎても体の調子は悪くなります。しかも、必要な時に必要なだけの量のホルモンが血液中に分泌されなくてはいけません。

特に甲状腺に関わるホルモンは、上記で述べたような甲状腺と副甲状腺から分泌されるホルモンと、 内分泌腺『脳下垂体の前葉』から分泌される『甲状腺刺激ホルモン⇒甲状腺ホルモン(チロキシン)の分泌促進するホルモン』があります。



詳しくは今すぐこちらをクリック

●甲状腺ホルモンとは?●

▲ ページトップ

甲状腺の病気橋本病バセドウ病無料メール講座悩み解消・喜びの声
サイトマップ個 人情報保護方針リンク情報お問い合わせ

リンクについて

甲状腺 悩み解消.COM 原因や改善対策・解消法へのリンクはご自由にどうぞ。

相互リンク随時募集中

お悩み解消・無料メルマガ

甲状腺の病気を解消する
無料メール講座
たった1日5分で
薬に頼らない具体的な
解消法を公開!

詳しくはこちら

症状メニュー

メイン メニュー

相互リンク募集中

お問い合わせ

世界WEB標準の証明

Valid XHTML 1.0 Transitional
Valid CSS!

当サイトは、W3C勧告に従った正しい文書構成で制作されて いることが証明され、 上記バナーの使用許可を得ています。