甲状腺 悩み解消.COM

甲状腺 悩み解消.COMの紹介ページです。


結節性甲状腺腫とは?


甲状腺の局所が部分的に腫れている状態です。

つまり甲状腺にしこりがある状態を「結節性甲状腺腫」と呼びます。大部分の患者さんはしこりがある以外に自覚症状はありません。この場合、最も大切なことはしこりが良性か悪性かの鑑別をすることです。

大部分のしこりは良性結節ですが、一部に悪性のしこりもあるため、精密検査で両者を鑑別します。

甲状腺の良性結節には以下のような疾患があります。
腺腫:腫瘍性の細胞増殖による病気ですが、増殖している細胞は良性です。ほとんどの場合、甲状腺機能は正常ですが、一部に機能性結節といって、勝手に甲状腺ホルモンを産生・分泌している腺腫があります。その場合はバセドウ病とよく似た症状(動悸・発汗・やせなど)を起こします。

【 腺腫様甲状腺腫 】
結節が1つだけのこともありますが、複数の結節を甲状腺内に認めることもあります。
結節の数が多い場合、甲状腺全体が腫れているように触れる(単純性びまん性甲状腺腫)こともあります。
結節の内部が崩れて、液状に変化(嚢胞化)していることもあります。腺腫と似ておりますが、病理学的には腺腫は良性腫瘍の細胞増殖であり、腺腫様甲状腺腫は過形成といって腫瘍性ではなく、両者は区別されます。
簡単にいいますと、腺腫様甲状腺腫は「甲状腺の腫大」という意味です。

【 甲状腺嚢胞とは? 】
甲状腺の内部に液状に変化した部分があることをいいます。嚢胞が単独で存在することもありますが、多くは腺腫様甲状腺腫に伴い存在します。内部の液体は、サラサラしたものから粘調性のものまで様々で、色も黄色透明なものからチョコレート様なものまであります。

【 甲状腺の悪性結節・甲状腺癌 】
甲状腺の細胞が悪性腫瘍となり増殖した病気です。
甲状腺癌は、さらに増殖している腫瘍細胞の種類により、乳頭癌・ろ胞癌・未分化癌・髄様癌に分類されます。

この鑑別には、触診・血液検査・甲状腺エコー検査などで行いますが、決め手となる検査は穿刺吸引細胞診です。この検査は、細い注射針を甲状腺のしこりに刺して吸引をかけ、針の中に採取されたしこりの細胞を顕微鏡で観察し、細胞の良性・悪性を直接診断する方法です。
のど元に注射針を刺すことに抵抗があるかもしれませんが、痛みは普通の採血と比べて違いはありません。

ところで、甲状腺癌の9割以上は、進行が大変遅く治りやすい「乳頭癌」という種類の癌です。たとえば、甲状腺癌は手術5年後の生存率が90%を越えており、癌としては極めてたちの良い癌といえます。

このため、甲状腺癌は、(たとえ周囲のリンパ節に転移があったとしても)ほとんど手術により治ることが多く、癌と診断されてもあきらめずに治療することが大切です。

悪性リンパ腫は稀ですが、甲状腺原発のリンパ腫も存在します。



詳しくは今すぐこちらをクリック

●結節性甲状腺腫とは?●

▲ ページトップ

甲状腺の病気橋本病バセドウ病無料メール講座悩み解消・喜びの声
サイトマップ個 人情報保護方針リンク情報お問い合わせ

リンクについて

甲状腺 悩み解消.COM 原因や改善対策・解消法へのリンクはご自由にどうぞ。

相互リンク随時募集中

お悩み解消・無料メルマガ

甲状腺の病気を解消する
無料メール講座
たった1日5分で
薬に頼らない具体的な
解消法を公開!

詳しくはこちら

症状メニュー

メイン メニュー

相互リンク募集中

お問い合わせ

世界WEB標準の証明

Valid XHTML 1.0 Transitional
Valid CSS!

当サイトは、W3C勧告に従った正しい文書構成で制作されて いることが証明され、 上記バナーの使用許可を得ています。